思いがけない出会い

引っ越しの都合で半年ほど猫を預かってくれないかと義妹に頼まれ、特に断る理由もないので猫ちゃんを預かることになりました。
うちは一戸建てだし、猫は犬と違ってトイレのしつけが楽なので別にいっかー。と軽い気持ちで承諾したのですが、やってきたのはうん十万円するという血統書付高級猫!!
ヒマラヤンという、ペルシャ猫と何かのミックス・・・とかなんとか・・・。
正直野、良猫程度の猫しか触ったことのない私にとって、血統書と高額なお値段とその毛足の長さはかなりびっくり案件です。
でも、来てしまったのだから仕方ありません。人懐っこくて、おとなしい(義妹談)彼女をストレスなく育てるために、一肌脱ごうではありませんか。

 

ブリーダーさんの元からペットショップ、そして義妹のところに来たパンプキン(命名はもちろん義妹なのですが、そのネーミングセンスはいまいち謎です)
今まではワンルームの室内飼いで、義妹以外の人にはめったに会わなかったそうです。
ですから、うちに来た当初はベッドの下や部屋の隅、押し入れの中などに逃げ込んで、か細い声で鳴いていました。きっとママ(義妹)を探していたんだと思います。
でも、ふた月ほどたった今では家中を走り回り、観葉植物をかじりまくり、戸外の野良猫に向かって求愛行動取りまくり(まだ1歳で避妊はまだ。もうすぐ行う予定です)で大騒ぎ。
運動量が格段に増えたためか、獣医さんに「ちょっと痩せてますね」と言われる始末・・・。
避妊手術も近いので、なんとか標準体重程度にはなってもらいたいのに、相変わらず走りまくり。その割に食が細く、しかも夜中人間が寝静まってからじゃないとご飯を食べないシャイガール。まだ環境に慣れていないのかもしれませんが、ちょっと心配です。預かり猫ちゃんなので、痩せてしまっては義妹にも申し訳ないし…。
食べ過ぎ猫ちゃんのお話はよく聞きますが、痩せすぎ猫ちゃんにはどんな対処をすればいいんでしょうね。
とにかく、健康に育ってほしいです。